骨盤矯正

このような時に有効です

  • 初回施術で改善に効果有り
  • 複数回かかることがある
  • 適応外
  • 症状
  • 効果
  • 備考
  • 産後ジーンズのファスナーが上がりにくくなった
  • 産後でなくてもOKです
  • 足が冷える
  • 足がむくむ
  • 産前産後のケアに
  • 妊婦の腰痛も基本診ます
  • 骨盤/腰の高さが違う

病院、整体などで背骨、骨盤がずれていると言われている方が非常に多くいます。
背骨は1つ1つ関節の構造でつながっています。
骨盤に関しては関節は仙腸関節で寛骨と腸骨が結ばれ形成されています。他は恥骨結合部です。
骨盤に隣接して腰仙関節(骨盤と腰椎),股関節(骨盤と大腿骨)があります。

関節がずれている...大変なことだと思いませんか?
肩の関節がずれている...どんな状況を連想しますか? ボールは投げられませんね。当然肩も上げられないですよね!関節がずれているって..関節が外れているの?それって脱臼?
そう関節がずれたると言うことは大変なことです。普通に生活していてそんなことは起こりません。
腱、靭帯はそんなに弱くはありません。(過度な力が加わったための脱臼ぐせのある関節は例外です)

結論は背骨、骨盤はずれません。

ゆがむことはあります(背骨のゆがみに付いては足・腰痛のところで詳しく)背骨は元々並びが均一でないのです。子供の背骨でもぼこぼこしています。少し右に左に、上に下に、前に後ろにいびつに並んでいます。上に...この部分をレントゲン等で移しますと集合写真を撮る時に首が左に傾いている方がもう少し右にと直されることがありますね!よくある事ですが習慣で首を傾けているだけで首の骨に異常があるわけではなく、ずれていることはありません。肩こりを感じて徐々に曲げていった結果なのです。
でも自分でスッと直せます。骨盤もそうです。普通に立っているつもりでもこんな姿勢に無意識になっているはずです。


うつ伏せに寝て左右高さの違う骨盤、肩を診て、背骨骨盤がずれていると...。
そしてほんの数十秒で高さがそろうと骨盤のずれが矯正されたと言うTV番組見かけませんか?

これはずれを直しているのではなく、集合写真の首と同じことなのです。
習慣でしているとその姿勢が真っ直ぐだと思い込んでしまうので曲がったまま寝てしまいますよね。
元々ずれていないわけですから、真っ直ぐにするには脚を引っ張るか、上げるかすれば骨盤の高さは簡単にそろいます。(TVではもっともらしい事をしていますが)極端に言えばカメラ屋さんでも骨盤の高さを揃えられることになりますよね。

ただ揃えた直後、すごく違和感があります。。それは、慣れない姿勢への違和感と、習慣化して筋肉が曲がった位置で固まっていることもあるでしょう。体が曲がってしまうぎっくり腰はこの延長線にあると言って良いでしょう!

脚を引っ張るだけでも骨盤調整したことになりますが、違和感無く真直ぐになるには、この固まっている部位をどうするかが大切なのです。
固まっている方は、腰を前に曲げたり後ろに反らしたり、ひねったり、横に曲げたりで違和感、痛みがるはずです。筋肉の硬直、違和感を取り除くには、まず違和感が出る方向に動かして頂きます。
そしてその違和感がどこに発生するのか調べます。腰の右か左か背骨部分か、お尻の部分か、脚に出るのか...それにより調整部位がある程度限定できます。その部位を触診でさらに限定していきます。
そこと言う部分をさぐり当て調整します。ぎっくり腰のような極端なものも時には数十秒から数分で回復します。

調整中は脚にジ〜ンと響く感じが広がり血液が流れ出すのを感じていただけます。                   症状により調整箇所は多少変わります。足がむくむ方は、主にふくらはぎから足先にかけて狙います。むくみは水関係なので泌尿器の調整もします。膀胱・腎臓です。                                      足がつるなど気になる事がありましたら同時に狙いますのでお伝え下さい。