記事詳細

膝のじん帯を伸ばした(じん帯損傷) 40代女性

ブログ /
 3〜4年前スキーで転倒しひねり、しばらくは腫れもあり少し動かすだけで左膝が痛かった...と。
病院で「膝のじん帯を伸ばした」との診断を受ける。(骨には異常なし、検査はレントゲンのみ)
どこの病院、整体などに行っても足の筋力アップが必要と言われ
 現在は、階段を下る時に膝でバランスがとり難く、動きもスムースでない感じで
歩いている時間が長くなると膝が痛み出すのだそう。

 膝のじん帯を伸ばして3〜4年経過し、機能を回復させるにはリハビリに相当の期間が掛かり
仕事をしながら通院し続けられないのが一般的で、かなりの時間、労力が必要になる事でしょう。
足首の捻挫でも時間と共に腫れが引き多少の機能障害、痛みなどが残る場合
じん帯が伸びてしまったのだからこの程度良くなれば...と多くの方は日常に差支えがなければあきらめてしまいがちです。

 まず膝の屈伸をして頂くと左足が遅れて立ち上がる感じがある
やはりバランスが悪くスッと立ち上がれなく見える
この方は屈伸時モモ(大腿部)の前から膝の内側に痛みが出ます。

 膝は内側を痛めやすいのでそこから狙って行きます。
大転子(大腿骨頭部)と仙腸関節の下部を結ぶラインを狙います。
 この辺りを押さえると膝の内側にズンと刺激が響くところがありますので押して行きます。
5分ほど調べましたが膝に響くところはありません。
念のため立ち上がって頂き屈伸をしてもらいます。
「あまり変わらない」
次にモモの前部を狙います。
仙腸関節に手を当てながら腸骨(骨盤)を下げます。
押さえているところ以外で響いているところがありますか?
「モモの前に来てる」「ズ〜ンと来てる」
 歩いていると痛くなる感じと似ていませんか?
「そんな感じ...」
5分ほどそこを緩めて屈伸をしてもらうと
「あっやりやすい...」
左右差はどうですか?
 「あまりない感じ」「今まで膝が痛かったから痛いかなと言うイメージで警戒してしまう..けど]
こうなると原因はこの場所でいいでしょう  他の場所に悪いところがないか調べながら
骨盤、腰椎を調整
もう1度確認をして頂くと
「かなり動きがスムースになった!」

     なぜじん帯が伸びてしまったのが股関節周辺の筋肉の調整で治るのか?

 常に症状には原因がありその原因にはさらに原因があるのか疑問を持ち質問を重ねて行きます。
          行き着いた最終的な原因の発見に治療法が見つかるのです。

そこで2つの疑問を出します。
1.伸びたじん帯を戻す方法は? (リハビリ、トレーニング......この方法はどこでもやっている)
2.本当にじん帯が伸びているのか? (根底の部分に疑問を持つことは非常に大事)
                    そこで!
               レントゲンではじん帯は写りません。
          という事はあくまでもじん帯が伸びたというのは憶測になります。
    MRIですとある程度はじん帯の状況は写りますが、ほとんどの物はピンと張っていたロープが
           ダラリと弛んだようになっているわけでもないのです。

私も治せるという事がわかるまでじん帯が伸びていると、伸びたじん帯を戻さないと治らないと思っていました。

 レントゲンではじん帯の状態はは写りません。
という事はあくまでもじん帯が伸びたというのは憶測になります。
MRIですとある程度はじん帯の状況は写りますが、ほとんどの物はピンと張っていたロープが
ダラリと弛んだようになっているわけでもないのです。

 そこで色々な痛みをとってきた経験に当てはめて行きます。
転倒し膝を痛めた、痛みがしばらく続いた
筋肉は刺激を加えますと反射的に縮みます。
という事で原因は、この怪我後の痛みにより筋肉が収縮し固まった(つった)状態であったと言う事なのです。
 股関節周辺の固まった筋肉を緩めて股関節動きががよくなり、つっている状態だった神経の圧迫がなくなり
動きがスムースになったという事なのです。
実は今日の場合は転倒によるものですが一般的な膝痛もぎっくり腰を治すのと何も変わらないという事なのです。


以前足首をひねりじん帯が断裂して歩き方が変になってしまったという方がお見えになりました。
この方も股関節周辺の調整と足首の整復で今では何の違和感もなく歩いています。
楽しくヨーロッパ旅行に行けたと喜んでもらえたのを覚えています。

 私が思うにじん帯はそんなに簡単に伸びたり切れたりしないと言う事です。
治っていない以上診断はあくまでも予想の範囲にあり、それが原因かわからないという事にしないといけません。
検査、診断は治療ではないという事を認識しないといけません。
      発想をセオリーから少しだけずらせると目からうろこが落ちます。
 1度で完治するか、この方もしばらく歩いた時の痛みは様子見です。

目黒 整体 大場調整院

一覧へ戻る