記事一覧

膝が痛い、正座ができない 70代 女性

ブログ /
以前から腰痛はそんなにひどくなかったがあった。
3ヶ月程前から右膝が痛くなってきて2週間前からは正座ができなくなった。
左膝はなんとも無い。
膝の屈伸をしてもらうと100度程の角度しか曲がりません

 それ以前の具合をお聞きすると時々右の股関節が痛くなり、あぐらがかけなくなることがあった!
今はあぐら出来るけれどあぐらの姿勢で右膝を広げると股関節に痛みがある。

歩いていたり、家事をしていると時々モモの裏側が張って来ることがある。
おととい右ふくらはぎが寝ていてつった!

と...。いろいろ腰から下に症状を重ねています。

 モモ裏の張りとふくらはぎのつりは同じ神経だと予想。
膝もたぶん同じだと思うので
まずは、脚の裏側の坐骨神経を緩めます。

 人の動きの中で坐骨神経に痛みを出すほど固くなる所は大体2箇所所ぐらいに絞られます。
そこで仙腸関節の少し上あたりを探してみます。うつ伏せで狙います。
すぐにありました。 なぜ解るかというと患部に私の手が当たるといつも症状として感じている所(この方の場合はモモ裏)に響くのです。
押さえながら脚に響く感じがありましたら教えて下さい。と声をかけておきます。
この方はすぐに「来てる...」と言ってくれました。
私も手ごたえでわかりますが念のため確認しながら調整して行きます。
「モモの裏に来ていませんか?」
「来てる!」
1〜2分ほどそこを緩めていると
「ふくらはぎに来た!」
「おとといつった所にジ〜ンと来ていませんか?」
「来てる 来てる!」「すごい」「脚がつりそうな感じ」
ここまで反応して頂ければまさしくここが患部といっていいでしょう!
このままこのポイントを再度15分ほど調整した後、立ち上がって確認して頂きました。
「腰が楽! ふくらはぎのつった所も少し痛かったのに取れてる!」
ベッドの上に正座をしてもらいます。
 「あれ...出来る...でもベッドに手を着いているといいけど手をベッドから離そうとすると膝の内側あたりがまだ痛む...」
「でもすごいこんなこと出来なかったのに」
もう1度同じ調整をします。15分程
そしてもう1度正座をしてみます。
「痛くない!」
恐る恐るベッドに着いていた手を離していきます
「あっ 大丈夫! すごい!」
「病院では膝の軟骨分が減っているから年齢的に治らないと言われて...」
「すご〜い 良くなるんだ〜」「でも後ろに体重をかけるとまだ少し痛む...」

 別の場所から膝痛を狙います。骨盤(腸骨)を下げてみます。10分程
もう1度座ってみます。
「あら...腰というか背中が楽、楽に座れる!」

多少の違和感は残りましたが年齢的な回復力も考慮して残りは次回にしました。


20分ほど首(頚椎)の調整をして方もスッキリして頂き本日ここまで!

経過が良くこのまま痛くなくなるようなら来る必要はありませんが、筋肉の柔軟性を考えても少し戻るかもしれません
年齢的なことも考慮して私が調整した位置に維持できるか1週間ほど様子を見ましょう。
「治るという希望ができた!」と喜んでいただきました。

目黒 整体  大場調整院の治療日記

咳、風邪・喉の痛み 40代女性

ブログ /
 待合中に咳をしていて断続的なのですが出始めると連続して出ている様子なので
「咳をしていましたが、いつ頃からですか?」

 「風邪を引いて3週間ほどになり・・体調はそんなに落ちていないのですが
咳が、寒いところに出た時とか、寝付くときに出やすい感じ
 肩も張って、重くて、つら〜い・・・」と。

  ではまず咳から取っていきます。

咳は原因の種類によって調整ポイントが異なります
 乾いた咳(むせるように連続で出る)
 湿った咳(たんが絡んだような)

 咳が整体で?と思う方がいらっしゃると思いますが
どういう事かと言いますと
腰から足がしびれる...首から腕が...と言うことは聞いたことがあると思います。
 それと同様に背中(胸椎)、首(頚椎)からのどを刺激しているところがあるのです。
のどは刺激されると咳を出します。そう要はむせているのと同じなのです。
刺激が連続しますと喘息と呼ばれる症状になるだけなのです。

 この方の症状は乾いた咳です
   まずは胸椎5〜7番を調べのどを刺激しているところを探します。
患部に手が当たりますと咳がしたくなるか咳が出ます。
       
      すぐに見つかりました7番の椎骨の左側に・・・
         そこを調整していきます
 調整が進むにつれ、咳がしたい感じが無くなり、呼吸が楽になります。
(腰を調整して足のシビレがなくなるのと同じことなのです)
10分ほど調整後、咳がしたい感じがなくなってきた様なので様子を聞いてみます!

「胸が楽になった  背中が軽い」

という事なので大きく早く呼吸をして頂きます

「アッ・・だいじょうぶ・・呼吸がスムースに出来る!
     こんなふうに吸い込んだら咳が出たのに・・す〜と入っていく・・楽・・」

 では本命の肩こりを・・・。
仰向けで頚椎を調整します  20分程

「頭が軽くなった  首が動く! すごく回しにくかった  上も向ける!」
「上向けなかったのですか?」
「上を向きと首の付け根が痛かった...でも向けるようになった!」
「首が軽くなったけれど肩が重い感じが残っている」

  胸椎の1・2番(首の付け根辺り)の調整と肩のマッサージ! 

「肩も楽になった」

 寝付く時に咳が出ると言っていました。寝る時、特に仰向けの姿勢が胸椎1・2番(首の付け根辺り)に影響し圧が掛かり喉を刺激したのでしょう。
ここは飲み込みにくくなるところです。ここが固くなりますと物を喉に詰まらせやすくなります。ガラガラ痰がからむ方もここです!

 CMで「あなたの風邪は鼻から?のどから?」と言っていますが
それぞれ日常負担になっている箇所で体調不良の初期症状が決まります。

 胸椎、頚椎の負担のなり方で咳が出ます。
 喉の乾燥感やヒリヒリ感は首からの刺激です。頚椎2番を横から調整します。

 熱っぽくて、節々(ふしぶし)が痛く体がだるい、寒気もしてきたと言う時は
胸椎11番〜腰椎1番を調整します。これは腎臓の機能を回復させるとこの症状はスッとします!

体調に応じてそれぞれ調整ポイントがあります!

目黒 整体 大場調整院の治療日記

偏頭痛でお悩みの20代女性

ブログ /
エキテンのサイトの口コミを見て・・と、お見え頂いた。

  仕事はデスクワーク、1日10時間はパソコンを見ている!
 肩が凝ってきて、首のコリ(右に向くと左の首すじに、左を向くと右の首すじに違和感がある)が慢性的で
 ひどくなると頭痛がしてきて...今頭がすごく痛い!
     最近は背中(肩甲骨あたり)間で痛くなりその痛みが取れなくて...
 首の違和感、頭痛、背中の痛み。この3つの症状の原因は、頚椎1・2番です。
ここをいかに正確に調整できるかで治療結果が変わります。

 さっそく仰向けの体勢で頚椎の調整をしていきます。
お話を伺うと、あちこちの整体、マッサージ等行っていとの事。。

頚椎を5分程調整後、様子を聞いてみました。
「頭が楽になった・・・。」 
「首を動かした時、左の張りはない・・右に振り向くとまだ(左の首筋が)痛い」

 今度は集中的に頚椎2番の右側を調整  10分程

 「肩が楽になった」 

   そこで聞いてみました  「あちこち行かれたと言ってましたが、今まで行かれた所は
  終わった後、どんな感じでした?」
     「今の感じと比べてどうです?」

「こんな感じ。  スッキリした」
      「でもどこへ行っても1週間程するとまた凝ってきてしまう」

   「そうですか。  ではもう少しやってみましょう!」

頚椎1番を調整します。
  頚椎1番の上(少し奥、場所が説明しにくいのですが後頭骨の中で頚椎の1番上です)
    あちこち行かれて苦しそうなのでもう少しがんばって見ました。
       5分調整後、様子を聞いてみまし
「頭がスッキリしてる! また軽〜くなった」 「首も全然楽に動く」 「背中も楽〜。」
       「目が楽になってる」 「すごい!」  「こんなに軽くなったのは初めて!」 
「すごい!・・・。」「目が明るい」 「すごい」  
               
                 ここで終了

 気持ちいいリアクションでした(^^)  ありがとうございました!

 精算時、受付で首を動かしながら  また頂きました・・・・「すごい!」・・・と
友達を紹介します。と言ってお帰り頂きました。

目黒 整体 大場調整院の治療日記

頭痛 めまい 吐き気  30代女性  

ブログ /
                                             目黒の整体 大場調整院   頭痛編

病院から整体へあちこち行かれたようで、どこもその時は楽になるけれど頭痛までは取れない...と。
 インターネットサイトの口コミを見て頂きご来院頂きました。

デスクワークの仕事に付いて5年ほど過ぎた頃から頭痛に悩まされるようになり今では鎮痛薬がないと不安で...
ひどくなると吐き気がしてくる事もあると。

 頭痛の原因は諸説言われています。  緊張、ストレス、風邪........
 しかし風邪をひいた方、ストレスを抱えている方全員が頭痛にならないですよね!
と言うことはこれらは原因に当てはまりません。
根本原因は頚椎1・2番にあります。

この方も首を診ますと後頭部の頭と首の付け根の辺りが硬くなっています。
本人もこの辺りは気になっていたようで自分でも指で押さえていたようです。


 まず頚椎全体をじっくりほぐしていきます 約15分
この地点の首の具合を聞いてみます。
「肩が楽になった!首も回しやすい」
「でも上を向いたときに少し違和感がある」
これは胸椎1.2番が影響しますので先にそこを調整してしまいます。5分ほどの調整後聞いてみます。
「上向きやすくなった。さっきあった違和感がない!」

ここまでは今までのところと同じかと思います。
これから頚椎の調整に入ります。
私の頚椎の調整法は仰向けの姿勢にて行います。私があみ出した完全なオリジナルで正確に背骨を調整できます。
上から押さえつけないので患者側の負担が非常に軽くなります。

 頚椎を調整していますと頚椎の一番の右側が狭く感じました。
と言ってもMRIなどで目で確認できるようなものではなく微妙な変位です。
手の感覚は紙の厚さを見分けますよね!  そうなんです何ミクロンの違いも見分けられるのです。
毎日やっていますから今では簡単なものです(^^)

 ここが硬く狭くなっていますと眼球の動きが悪くなります。そうなるとめまいを起こしやすくなるのです。
本人に聞いてみますと「以前、2年程前にふわふわするようなことがあった。」(この時に脳外科に受診されたようです)

 頚椎1番と後頭骨の間を狙います。
非常に手が入りにくいところなのですが、ここが緩みますと視界が変わります。
5分ほど調整したところで感じをを聞いて見ます。
「視界が明るくなった!はっきり見える!」
そこでXJAPANを聴く時のように頭を大きく身体ごと前後に2〜3回動かして頂きます。
 そして急に止まっていただきます。
「どうですか?」
「えっ...こんなこと怖くてできなかったけれど、大丈夫!」
「ピタッと止まる感じがしませんか」
「するする。頭も軽くなってる!」

 ではここまで! 笑顔でお帰り頂きました。

 低気圧、パソコン、いやな上司、飲酒,,,これらは原因ではなくきっかけに過ぎません。
原因は頚椎です。 正確に調整しスッキリ過ごしましょう!

目黒 整体 大場調整院の治療日記

ホームページリニューアルのご報告

ブログ /

平素より、当院のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

この度、サイト内にブログを設けました!
これから随時、身体に対する事・健康に対することなどなどをご紹介していきますので
是非ご覧ください!!

今後共、宜しくお願い致します。